FC2ブログ

リモートで「ストロークひろば」終了のご報告(2020年9月6日開催)

9月も中旬に差し掛かろうとしています。
最近、夕暮れが早くなったなぁとつくづく感じます。そして、昨日あたりから急に、夕方の風が冷たい・・・今年のような残暑の厳しい年はなかったと感じていましたが、北海道はとうとう秋の気配です。

全国ではGo Toキャンペーンが始まっていますが、各地でも地元応援クーポンが発行されているかと思います。我が町も、8月から12月末まで使える35%プレミアム付きの商品券が発売されています。コロナ対策に気をつけながらも、どんどんお得に楽しく活用し、地元に元気を取り戻してほしいです。

さて、9月6日にリモートで「ストロークひろば」を開催しました。
早速参加された方から感想をいただきましたので、ご紹介します。

--------------------------------------------------

本日のストローク広場、とても楽しかったです。

お互いの近況報告にて、日常生活や職場で起きていることを交流分析の視点から話せると、自分の中でより理解が深まるなぁと改めて感じました。

特に、私は現在、大学でオンライン講座の運営に携わっているので、その講座のディスカッション(電子掲示板)で受講者同士の心理ゲームが起きたことについて、お話させていただきました。
講座を提供するスタッフとしては、受講者の皆さんが気持ちよく学べるよう、ファシリテーター的に介入する必要がありますが、顔が見えない文字だけのやりとりでヒートアップしてしまった場合の難しさや、場のルールの作り方の課題もあると感じています。
そういう時に、どういうストロークを出せるか、自分の人生態度としてOK/OKを保てるか、というのがとても重要だと感じました。
オンラインでの心理ゲームというのは、日本の交流分析の業界ではまだほとんど扱われていない分野だと思うので、新たに色々探求していきたいなぁと思います。

また、日常生活では最近、遠距離中のパートナーとよく「さぁとっちめてやるぞ」の心理ゲームになってしまっていたので、ここ数日はお互いに肯定的なストロークを交換できるよう対策しているという話もしました。
育ちや価値観が違う相手と折り合いをつけていく時は、「まずお互いの感じ方が違うことを認めた上で、わかろうとすること」が関係を続ける上で大事ということを皆さんの言葉から再確認しました。

他の皆さんのお話も色々お聞きしましたが、最終的に、どの問題も「無条件の肯定的ストロークが自分の中にどれだけあるかという点に尽きるよね」という結論になったのが、とても興味深く、また納得する心地でした。

現在は仙台在住のため、なかなか北海道まで行けませんが、こうしてオンラインで開催していただくと遠隔参加ができ、とてもありがたかったです。
久しぶりに皆さんのお顔を見ながらお話できて、すごく励みになったので、また参加したいと思います。
ぜひまたよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------

素敵な感想を、ありがとうございました。
日常の生活の中で交流分析を感じられること、客観的に自分や周りを見つめ修正できること、素晴らしいですね!

コロナで心身ともに窮屈になっている状態がまだまだ続きそうですので、だからこそ、無条件の肯定的ストロークをどんどん発信していきたいと、改めて思いました。

次回のストロークひろばは、11月15日(日)にZoomで行う予定です。
また改めてお知らせしますね。


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
リンク