FC2ブログ

ストロークひろば終了のご報告          (2018年10月28日開催)

10月28日(日)にストロークひろばが開催されました。
会員を対象とした勉強会に内容を変更してから、初めての開催でしたが、参加の5名は、楽しく和気あいあいと良い時間を過ごしたようです。

スタッフの草浦さんから、当日の様子と感想をいただきましたので、ご紹介いたします。

----------------------------------------------------------------------

10月28日(日)ストロークひろば終了しました!

前日の札幌は、「大雨による避難開始」の携帯電話の警報が何度も鳴っていましたが、28日、朝方こそ雨があったものの、日中は時折日も差す良いお天気となり、5名の参加者でストロークひろばが行われました。

「最近あったちょっと良い話」を中心に、自己紹介も交えてのストローク交換から始まり、交流分析協会の年次大会に参加してきた話や親孝行も兼ねての旅行の話、「やっててよかった」と思えた仕事の話など、ポジティブなストローク交換で笑顔が溢れました。

これまでの代々のテキストと改訂になったテキストをずらりと並べ、どこがどのように変わったのか見比べてみました。
大きく変わったところは「ディスカウント」が1つの章として扱われ、「エゴグラム」も完全に別になった所です。これから理論は学習していく事にして、テキストは概ね「見やすくなった」と好感触でした。

さて、今日は「自我状態」から学習開始。
「自分が『CP』使ってるな~、今『CP』出てるな~と感じた時の具体的な事柄」をそれぞれ出して語り合ってみました。
単に『CP』一つを考えてみたのですが、話の中から「怒り」と言うキーワードが出てきたり、自分の『CP』の元には「どんな幼児体験からくる幼児決断あるのか」に繋がっていったり、『CP』と『AC』『FC』の関係ってどうだろう・・と自分のエゴグラムを思い浮かべたり、『CP』の中にあるディスカウントは?合わない人との脚本の関係は?など、どんどん広がって行きました。ほんの少しですが、それぞれが自分を見つめる時間になったのではないかと思います。
「禁止令」「ドライバー」「やりとり分析」など交流分析の用語もたくさん飛び交い、嬉しい時間になりました。広がりすぎたのか、『CP』だけで終わってしまいましたが・・。

ストロークひろば20181028

予定されていた時間を少し過ぎて終了となりました。
交流分析の基礎を学んでいる者同士だからできる学習会だったのではないでしょうか。また次回、「自分を通して交流分析を深める」ことができれば良いな~と思っています。

次回への「これやってほしい」「これはどんな事かもっと知りたい」などのご要望、ご意見がありましたら是非お寄せください。

----------------------------------------------------------------------

草浦さん、ありがとうございました!
本当に、当日の様子がイキイキと伝わってきます。
楽しみながら学習できるのって、素晴らしいですね。

次回のストロークひろばは、来年1月26日(土)を予定しています。
また、メーリングリストやブログでご案内しますので、ご参加いただけたら嬉しいです。


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
リンク