FC2ブログ

交流分析協会 年次大会のご報告

北海道はすっかり秋らしくなりましたね!
赤、黄色、金色・・・寒暖の差が激しくなったので、紅葉が進み、美しい風景になっているのでしょう。
こちらは、数日前には最低気温1℃も記録しました。
皆さん、体調を崩さないようにお気を付けくださいね。

さて、先日、交流分析協会の全国年次大会が富山県で行われました。
北海道からは、北海道エリア代表の土井さんと、スタッフの草浦さんが参加されています。
土井さんから感想をいただきましたので、皆さんにご紹介します。

───────────────────────
◆第41回全国年次大会(北陸)
大会テーマ「交流分析で築く豊かな人生」
───────────────────────
●日時:平成30年10月6日(土)・7日(日)
●会場:富山県民共生センター(サンフォルテ)

富山で開催された「第41回全国年次大会」に参加してきました。
開会式は、会場から運河環水公園が望めて、とても素敵な雰囲気の中で行われました。富山には初めて行きましたが、人も温かく街並みも綺麗でとても良かったです。

大会では、私は小中学生のエゴグラム活用事例や虐待予防の関わりに参加しました。
人生脚本の影響力をあらためて感じました。そして、全国の方々がTAを真剣に学び、深めていることを実感しました。
また、白井幸子先生の基調講演「幼児決断から再決断」や「人格適応論」のワークショップは、さらに人を理解する幅が広がったと実感しています。
本当に有意義な3日間でした(^^)

来年の年次大会は「京都」です。2019年9月21日・22日の予定です。基調講演はカレン・プラット女史(国際コーチング・トレーナー)です。
大会終了後に、京都・東京でワークショップを予定しています。個人では絶対に見ることができないお寺の内部も、見せていただけるそうです。それだけでも、お得な大会ですね。

富山からは、私も北海道での活動を進めていくエネルギーをいただいてきました。

----------------------------------------------
土井さんの熱い想いが伝わりますね。
ありがとうございました。

年に1度の全国大会。
心を満たしに出かけるのも、素敵ですね。


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
リンク