fc2ブログ

6月ストロークひろば中止のご連絡

おはようございます。
北海道エリアTA研究会 幹事の黒岩です。

今日の北海道は、晴天!久しぶりに気持ちのいい朝を迎えています。
地元では、幼稚園の運動会も開催されますので、より楽しいイベントになるのではないかと嬉しく思っています。

さて、6月24日(金)に予定していましたストロークひろばですが、都合により、中止といたします。
予定してくださった方には大変申し訳ございません。

また、ご報告が大変遅れましたが、前回(4月22日)のストロークひろばには、多くの方が参加してくださり、本当にありがとうございました。
各自「エゴグラム」をとって、以前の自分と比べてどう変化したか、自分自身について気になったことや気づいたことを出し合い共有し、意外だったり納得したり…。さらに、自我状態の深さについてや、社会の変化と心の変化の関係性についてのお話も活発にされ、有意義な時間を過ごしたと聞いております。
改めて、ご参加くださった方、ありがとうございました!

ゴールデンウィーク頃から、日本各地よりいらっしゃる観光客の増加を実感しています。また、今月から、訪日外国人観光客の受け入れも始まりました。
昨年度まで見送られていた行事やイベントも、今年度は再開されるなど、少しずつ通常の生活に戻ってきていると感じます。

これからの季節、暖かく、活動しやすい時期に入ってきましたね。
皆様、身体には十分気をつけて、楽しい毎日を送れますように。
お祈りしています。




スポンサーサイト



「リモートでストロークひろば」開催のお知らせ (2022年4月22日)

おはようございます。
北海道エリアTA研究会 幹事の草浦です。

早いもので、4月ももう半ば・・・。
本州からは、桜の便りがたくさん届きましたが、北海道はまだですね。たくさんの花々が一斉に咲き誇る、北海道の春が待ち遠しいですね。

さて、新年度を迎えて皆さんいかがお過ごしですか?
ご案内が遅くなってしまいましたが、今年度(令和4年度ですね)最初のストロークひろばのご案内です。
まん延防止予防措置が解かれても、コロナの感染者数は高止まりの様相です。今回もリモート(zoom)での開催となります。

─────────────────────────────
4/22(金) ストロークひろば(リモート)のご案内
───────────────────────────── 

●日時:2022年4月22日(金)20:00 ~ 21:30(終了予定)
※途中参加や途中退室もOKです。事前にお伝えください。

●テーマ:エゴグラムからひも解いてみよう~『今、ここ』

●参加資格:日本交流分析協会会員

●参加費:無料

●参加方法:zoom(後日招待メールをお送りします)

●参加申込:北海道エリアTA研究会事務局 
※下記アドレスに、メールでお申し込みください。
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com

●申込締切:4月20日(水)

-----------

交流分析と言えば・・・「エゴグラム」定番ですよね。
みなさんは、最近「エゴグラム」取ってみました?
私は久しぶりかもしれません。
 
今回は、協会のエゴグラムを使ってみましょう。(もし見当たらないと言う方は、申込時にお伝えください。お送りします。) 
年度初め・・・仕事や家庭でもチョットした変化があったり、忙しかったりしていませんか?そんな時の自分ってどんな感じなのかな~~

難しく考えないでくださいね。
テーマは仰々しく「エゴグラムからひも解いてみよう~『今、ここ』」としましたが、エゴグラムを肴(ヒント)にして、好きにおしゃべり・・・と言う感じになったらいいなぁ~~と思っています。

「こんなことやってみたいな~~」とか「これなんか変じゃない?」とか「こんな感じなんだ~~」とか、ちょっとした不思議とか、漠然とした不安とか、不都合な感じとか、生活の変化とか、家族のこととか・・・
日常のお話ができたらいいなぁ~~と思っています。
できればチョッと心が躍り出すような、楽しい話があると良いですね。
もちろん、エゴグラムは周りに見せる必要はありません。大切に自分の中にしまっておいてください。

一人でも多くの方の参加申し込みをお待ちしています。語りたくない方は、画面でお顔を見せてくれるだけでもOK?

では、zoomの画面でお会いしましょう。


<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




「リモートでストロークひろば」開催のお知らせ (2022年3月2日)

こんばんは。
北海道エリアTA研究会 広報担当の黒岩です。

北京オリンピックも、早くも終盤になりました。
皆さんが応援している選手、楽しみにしている競技は、もう終わりましたか?
日々、日本人選手の活躍が報道されています。最終日まで、テレビの前で応援し続けたいと思います。ガンバレ~♪

さて、既にお知らせしていました「ストロークひろば」の日程が、下記のとおり変更になりました。予定されていらした方、申し訳ございません。
                                     
─────────────────────────────
3/2(水) ストロークひろばを開催します
─────────────────────────────

●日時:2022年3月2日(水)20:00~21:30予定
※途中出入りは自由ですので、希望される方は、あらかじめその旨をご連絡ください。

●会場:オンライン(ZOOM)
●テーマ:楽しくストローク交換して、コロナ禍のストレス発散
●対象:日本交流分析協会会員
●参加費:無料

●申込先:北海道エリアTA研究会事務局
※下記アドレス宛に、メールでお申込みください。
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com

●申込締切:2022年2月28日(月)
※参加者には、後日招待メールをお送りします。

皆さまにお会いできることを、楽しみにしています。 



<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




令和4年ご挨拶

こんにちは。広報担当の黒岩です。
年が明けたと思ったら、早いもので、もう1か月が経とうとしています。
年明けからの大雪と、予想以上に速いオミクロン株の拡大スピード・・・まいりますね。我が地域でも、小中学校の休校や、飲食店等の休業が相次いでいます。
皆様、身体には十分にお気をつけいただき、何とか乗り切りましょう。

大変遅くなりましたが、北海道エリア代表の土井さんより、1月10日付でいただきました新年のご挨拶を掲載します。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

─────────────────────────────
令和4年 新年のご挨拶(北海道エリア代表)
─────────────────────────────

新年、あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

北海道エリア代表の土井敦子です。
みなさまは、どのような新年をお迎えになりましたか?
私は、年末から昨日(9日)まで、3人の娘たちやその家族が出入りして、賑やかな日々を過ごしていました。
コロナも落ち着かない中でしたが、久しぶりに全員が揃い、「わぁ~なんか、実家!って感じだわ~」と口々に言っているのが聞こえてきて、忙しい中に嬉しさも混じりながら、孫の世話などをしていました。

さて、今年も交流分析を通して、みなさまと交流していきたいと思います。
まずは「ストロークひろば」です。

2022年(令和4年)2月23日(水・祝)14:00~15:30
テーマ等、詳しいご案内はあらためてお伝えします。
今回もZOOMにて、実施いたします。
日程を調整して、ご参加いただけると嬉しいです。
今年も、人と繋がることの大切さを共有しましょう。
また、交流分析(TA)理論も、さらに深めていきましょう。

そして、昨年11月頃から、北海道エリアのメールアドレスに不具合が起こり、届かないという状況が続いておりましたが、無事に復活しました!
ぜひ、ご利用ください。

今年も、多くの方々との出会いを楽しみにしております。



<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com





「ストロークひろば」開催(2021年12月17日)のお知らせと、前回のご報告

こんにちは。土井です。
北海道は、いよいよ雪の便りが届く季節となりました。
コロナで明けた今年も、あと1ヶ月と少しです。
少しコロナも落ち着いてきて、人々が動き始めましたね~
皆様にとって、今年はどんな1年でしたか?

私は、昨年末に母が亡くなり、母との日々を振り返った1年でした。
そして、10月末には2人目の孫が誕生し、亡くなる命と生まれる命を実感した1年でもありました。
命の儚さを感じると、「今・ここ」で何をするか・・・にたどり着きます。そんなこと、あんなこと、皆さんでお話しましょう!

─────────────────────────────
12/17(金) ストロークひろばを開催します
─────────────────────────────

●日時:2021年12月17日(金)20:00~21:30予定
●会場:オンライン(ZOOM)
●テーマ:2021年はどんな年だった?
     頑張った「わたし」にストローク!
●参加資格:日本交流分析協会会員
●参加費:無料

●申込先:北海道エリアTA研究会事務局
ブログ内の左側「メールフォーム」欄に記載し送信してください。

●申込締切:2021年12月15日(水)
※参加者には、開催前日までに招待メールをお送りします。
お待ちしています!

─────────────────────────────
10/15(金) ストロークひろばのご報告
─────────────────────────────

こんにちは。草浦です。
先日10/15のストロークひろばに私も参加しました。
感じたことを徒然なるままに語ってみたいと思います。
少々長くなりますが、お付き合いください。

今回のストロークひろば、私が特に考えたのは、TAの基本である「OK,OK」についてです。
実際に自分の日常生活の中でこれをどう使うか・・・
何が「OK」になるのか・・・「OK」とは何か・・・。

実生活の中では、嫌いな人もいるし、気の合わない人もいる。
考えが合わない場合もあるし、かといって自分の考えが正しいとは限らない・・・。
「OK,OK」とは「受け入れる事」なのか「承認する事」なのか。
受け入れるのだとしたら何を?どこまで?
疑問は頭の中に次々と・・・。

無条件の肯定的OK、これが最高の理想とする「OK,OK」でしょう。
でも、すべての人とそうなることは不可能です。
ふと、段階があるのかな~~と考えてみました。

「儀式・儀礼的OK,OK」
例えば・・・近所のひと。
今日はご挨拶できたからOK。生存確認できたからOK。そんなことを考えることができたからOK。とか・・・
ゴミ出しで苦情を言われた・・・自分はOKじゃない?いえいえ見ていてくれたんだな・・・という事でOKとしましょうか。
では相手は?苦情は嫌だったけれど、でもその程度のつきあいだからNOT OK?そんな事は無い。

「雑談・気晴らし的OK,OK」
例えば・・・親交親密まではいかない友達・・・この人とならどう???

「活動・仕事的OK,OK」
例えば・・・上司、部下・・・何ならOK?

「ゲーム的OK,OK」
これは無いか・・・

「親交・親密的OK,OK」
例えば・・・夫、こころの友、両親・・・・・・

その人との「お付き合い度(コミュニケーション度)」「OK度」みたいなものを考えてみると面白いかも・・・おそらく全然違いますよね~~
OKの方法も、OKの基準も(基準なんてあるのか?自分なりの・・・かな)感じ方も考え方も、結末も、全く異なるのではないでしょうか。
何かOKじゃないな~~と思う事って、ディスカウント入っているのかもしれませんね。

ひょっとしたら「TAを生きる」という事は、この辺りを自分なりに捉えて、自覚するという事なのかもしれませんね。
自覚・・・自分を知っておく(認知しておく)ことはとても大事。

こんな話を皆さんともできたら・・・ちょっと面白いかな・・・なんて思っていました。
お付き合いいただきありがとうございました。

次回のストロークひろばで、みなさんにお目にかかれると嬉しいです。
さて、どんな「TAのおはなし」になるでしょう。今から楽しみです。

「TAを生きる」事を大切にしたいと思っている、草浦でした。

----------------

草浦さん、ありがとうございました!
(随分前に報告をいただきながら、掲載が遅れて申し訳ありません。)

それでは、次回お会いできることを楽しみにしています。(黒岩)



<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
リンク