FC2ブログ

インストラクター資格更新研修会(2020年8月16日開催)Zoom開催

北海道の爽やかな夏!というより、連日の真夏日に、ちょっとバテ気味です。換気と冷房、状況によりマスクを付け外しして、乗り切りましょう。

さて、東京都内の会場で行われる予定であったインストラクター資格更新研修会が、新型コロナウイルス感染拡大のため、ZoomでのWeb講座に変更になりました。
遠隔地からも参加しやすくなりましたので、どうぞご検討ください。

------------------------------------------

〇日時:令和2年8月16日(日)10:00~16:00

○講師:下平久美子教授、日本交流分析協会理事長

〇テーマ:目指すインストラクターに近づくために

〇内容:
・TAカレッジ開設と集客の知恵
・インストラクタースキルについて
・理想とするインストラクター像はどんな人
・どのようにすれば理想とするインストラクターになれるのか
・グループ内での意見交換

〇参加費:5,000円

〇締切:令和2年8月10日(月)12:00まで

※詳細・お申込みは、日本交流分析協会 関東支部のホームページをご覧ください。
https://www.ta-kanto.org/


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




スポンサーサイト



リモートで「ストロークひろば」終了のご報告(2020年7月23日開催)

こんちには!
北海道エリアとして初めての試みである、Zoomを使ってのストロークひろばを開催しました。
関東支部の金沢支部長もご参加くださり、有意義で楽しい時間となりました。

早速、エリアのスタッフお二人から感想をいただきましたので、ご紹介します。
まずは、土井さんからの感想です。

----------------------------------------------------------------

参加者それぞれが、今(今まで)の自分の周りで起こっている出来事をお話しました。
やはり、コロナに対する不安から今までにない行動をする自分だったり、周りの方々だったり・・・
何が起こっているんだろう~
でも、少し冷静になると落ち着くんです。
まさに、自我状態Aが働くと、心のバランスがとれて周りや今の自分が見えて来るんですね!
環境による同調圧力は知らず知らずにあって、自我状態P・C優位になってしまう傾向があるのかもしれないですね。
そんなことを今の時期に確認でき、Aを働かせる意識の大切さを皆さんと共有できたことは、とても良かったです。

今回、初めてリモートでのストロークひろばを実施しましたが、「顔が見える」ことで、場の共有や安心感は十分感じられ、さらに交通機関を使わないことで、時間の負担も少なく、メリットは大きいと感じました。
みなさんも、都合があいましたら、ストロークひろばにご参加ください。

----------------------------------------------------------------

もう一人、草浦さんからの感想です。

----------------------------------------------------------------

今回のストロークひろばは、お互いの現状を伝えながら、コロナ禍での自分や家族や仕事上で感じたこと、変化したことや気付いたことなど、思いつくままに伝え合ったような感じでした。
人との繋がり方・・・
何かを見聞きした時にどんな風に思うか・・・
私は先日の新聞の記事の中にあった、「うちの職場からコロナ感染者を出してしまって」と言う一文から感じた恐怖を話しました。
それって「CP」?
こういう時こそ正しく「A」を使いたいものですね。
マスクが不足しているときの反応なんていう事も話しましたね。これも顕著に自我状態現れますね。自分の脚本てこういう時こそ顕著に表れるのかもしれませんね。

1時間半を過ぎて終了となりました。
お互いの体温や空気感はもちろん感じとることはできませんが、顔を見ることができて、声を聴くことができて、何気ない思いを外に出すことができて・・・
なにより「そうそう」と頷きがあったり、笑いあったり、スッキリと心が少し軽くなって終われたような気がします。
なんか、ほっこりした時間でした。

----------------------------------------------------------------

土井さん、草浦さん、素敵な感想をありがとうございました。

今後は様々な場面で、リモートでの研修や会議等ますます増えてくることと思います。
次回のストロークひろばは、9月6日(日)の予定です。どのような形になるかはまだ分かりませんが、改めてお知らせしますね!


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




リモートで「ストロークひろば」開催のお知らせ (2020年7月23日)

         終了しました

約半年振りのブログ更新となりました。
みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

突然の新型コロナウイルスの到来で、今までの生活が一変し、新たな時代・世界がやってきたような感があります。人との距離を保たなければならない今、心の距離は近くでありたいですね。

ストロークひろばを始め、年初に計画していた講座を中止にせざるを得ない状況でしたが、こういうときこそ、「つながる」ことを大切にしたい!

対面式の講座開催が難しい中、北海道エリアとしては初めての試みであるZoomを使ったストロークひろばを開催することにしました。
最近では、オンライン(リモート)での会議やセミナー、そして飲み会など、様々な場面で活用されています。
Zoom初体験の方も、ベテランの方も、この機会に気軽に参加していただければ嬉しいです。

──────────────────────────
◆リモートで「ストロークひろば」
──────────────────────────

●日時:令和2年7月23日(木・海の日)13:30~15:00

●内容:「TAでつながろう!」
お茶を飲みながら、TA用語も使いながら、いろいろなお話をしましょう。

●定員:12名

●対象者:日本交流分析協会の会員

●参加費:無料(初回リモート体験のため)

●申し込み先:北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com

●締め切り:令和2年7月21日(火)

※参加者には、こちらから改めて招待URLをお送りします。

──────────────────────────
◆その後の「ストロークひろば」予定
──────────────────────────

従来どおりの対面式でのストロークひろばを予定しています。まだ先の日程になりますが、予定していただけると嬉しいです。

●日時:令和2年9月6日(日)13:30~15:30
(13:15~受付開始)

●会場:札幌市民ホール(カナモトホール) 第5会議室
札幌市中央区北1西1
※地下鉄東西線・南北線・東豊線「大通駅」31番出口正面

●テーマ:未定

●持ち物:協会テキストをお持ちの方は、持参してください。

●対象者:日本交流分析協会の会員
(2級資格がなくとも参加できます。)

●参加費:500円(当日いただきます。)

※近くなりましたら、改めてお知らせします。


<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




ストロークひろば(2020年1月19日・札幌)インストラクター養成講座(北海道開催予定)

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
「令和」での初めてのお正月。何となくですが、新たな年が始まったのだというワクワク感がありますね。

昨年はラグビーワールドカップのお陰で、それまで全く興味のなかったラグビーが、実はこんなに楽しく面白く、ドキドキワクワクするスポーツだということを初めて知り、得した気分でした。
今年は、待ちに待った東京オリンピック・パラリンピックがあります。きっとまた、私たちに熱い心を届けてくれるに違いありません。
夏を楽しみに・・・

本年も、どうぞよろしくお願いいたします!

さて、今回のご案内は、以下の内容です。

【新年ご挨拶】 北海道エリア代表、土井からのご挨拶
【ストロークひろば】 1月19日(日)開催
   ~愚痴から脚本を見てみよう~
【インストラクター養成講座】 北海道開催予定のお知らせ

────────────────────────
【新年ご挨拶】
北海道エリア代表、土井からのご挨拶
────────────────────────
新年あけましておめでとうございます。
本年も、北海道エリアTA研究会の活動を、どうぞよろしくお願いします。

私は、年末から年始にかけて、断捨離をしました。
その時、その時には必要だったものが、時間とともに、そして子どもたちの成長とともに思い出に変わっていくことを実感しながら、思い切って捨てていきました。

娘たちの手紙や絵から、脚本を作っていったプロセスが垣間見えたような気がしました。今は、その脚本を基にそれぞれの生活を営んでいます。

今年も、さらに皆様とTAの学びを深めていくことを楽しみにしております。そして、皆様にとって、今年も良い1年となる事を願っています。

北海道エリアTA研究会 代表 土井敦子

────────────────────────
【ストロークひろば】1月19日(日)開催
~愚痴から脚本を見てみよう~
────────────────────────
新年初めてのストロークひろばを、下記のとおり開催します。
TAを深めていきたい方、ぜひ一緒に学びませんか?

●日時:令和2年1月19日(日)13:30~15:30
(13:15~受付開始)

●会場:札幌市民ホール(カナモトホール)第6会議室
札幌市中央区北1西1
※西線・南北線・東豊線「大通駅」31番出口正面

●テーマ:自己分析「愚痴から脚本を見てみよう」

●持ち物:協会テキストをお持ちの方は、持参してください。

●対象者:日本交流分析協会の会員
(2級資格がなくとも参加できます。)

●参加費:500円(当日いただきます。)
※参加される方は、お手数ですが、下記に記載の北海道エリアTA研究会事務局宛にメールでお知らせください。
皆さまの参加をお待ちしています。

<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

────────────────────────
【インストラクター養成講座】
北海道開催予定のお知らせ
────────────────────────
今年は、北海道(札幌近郊)において、インストラクター養成講座の実施を検討しています。講座実施には6名以上の参加が必要ですが、現在希望者は3名です。

養成講座を実施する場合は、4月にインストラクター受講資格試験を、5月に養成講座を予定しています。(受講資格試験に合格後に、養成講座を受講できます。)

協会本部(東京等)から講師の先生がいらっしゃる関係で、一定の参加人数が必要となりますので、北海道で受講できる数少ないチャンスです。現在1級を持ち、インストラクターを目指そうと思われる方は、ぜひ北海道エリアまでご連絡ください。

「受講資格試験って・・・?」
「受講したい気持ちはあるけど、もう少し内容を知りたい」
など、不安や疑問がある方は、お気軽に北海道エリアTA研究会事務局まで、メールでお問合せください。よろしくお願いします。

(参考=日本交流分析協会「交流分析士資格講座のご案内」)
http://www.j-taa.org/for-ta.html


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com






ストロークひろば開催のお知らせ          (2019年11月10日・札幌)

         終了しました

すっかり秋の空気になりましたね。
こちらは、先日とうとう最低気温が0度になりました!週明けも、連日マイナスの予報となっており、間もなく雪の予感・・・。
インフルエンザも流行っていますので、皆さまご自愛ください。

本日は、間もなく開催のストロークひろばのご案内です。
前回は8月31日に予定していましたが、残念ながら、会員の方の参加がありませんでした。そのため、今までどおり「TA心理カウンセラーのTA基礎知識」のテキストを参考に、前回予定していました「幼児決断」をテーマに自己分析を進めていきます。
ぜひ一緒に学びましょう!

──────────────────────────
◆ストロークひろば
TA心理カウンセラーのTA基礎知識から ~幼児決断~
──────────────────────────

●日時:令和元年11月10日(日)13:30~15:30
(13:15~受付開始)

●会場:札幌市民ホール(カナモトホール) 第4会議室
札幌市中央区北1西1
※地下鉄東西線・南北線・東豊線「大通駅」31番出口正面

●テーマ:自己分析「幼児決断」

●持ち物:協会テキストをお持ちの方は、持参してください。

●対象者:日本交流分析協会の会員
(2級資格がなくとも参加できます。)

●参加費:500円(当日いただきます。)

※参加される方は、お手数ですが、下記に記載の北海道エリアTA研究会事務局宛にメールでお知らせください。
皆さまの参加をお待ちしています!


<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
リンク