FC2ブログ

「リモートでストロークひろば」開催のお知らせ (2020年12月5日)

今日は北海道内で初雪のところが多かったですね!
私の住む町も、日中は雪がしんしん降っていました。町全体がうっすらと雪景色となり、とうとう冬到来かぁ・・・という気持ちです。
明日は全国的に寒い1日となるとのこと。
皆さま、体調にはお気を付けくださいね。

さて、今回は以下の内容になります。
◆12/5(土)リモートでストロークひろばを開催します
◆交流分析士2級、1級講座を受講された感想をいただきました!

─────────────────────────────
12/5(土)リモートでストロークひろばを開催します
─────────────────────────────

9月に引き続き、リモート(ZOOM)によるストロークひろばを開催します。
当初は11月15日(日)に開催予定でしたが、12月に変更となりました。まだ先の日程になりますので、予定を合わせて気軽にご参加いただければ、嬉しいです。

〇日時:令和2年12月5日(土)13:30~15:00
〇会場:オンライン(ZOOM)
〇テーマ:ただ今検討中!
〇参加資格:日本交流分析協会会員
〇参加費:無料

〇申込先:北海道エリアTA研究会事務局
※下記アドレス宛に、メールでお申込みください。
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com

〇申込締切:令和2年12月2日(水)
※参加者には、開催2日前に招待メールを送ります。

<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

─────────────────────────────
交流分析士2級、1級講座を受講された感想をいただきました!
─────────────────────────────

日本交流分析協会関東支部やTAカレッジで、交流分析士2級、1級講座を開講しています。また不定期ではありますが、受講希望者が数名集まりましたら、北海道エリアでも開催しています。

以前、北海道エリアで2級、1級講座を受講され、仕事や日常の生活に活かしていらっしゃるKさんから、素敵な感想をいただきましたので、ご紹介します。

--------------------------------------------------

学生に、授業で技術的な内容を教える仕事をして、今年で26年目になります。毎年違う人と接する仕事をしていて、どうしても人との関わりや接し方をどうしたらいいか、悩むことが多々あります。
そうした中で、交流分析協会の2級講座を3年前に、1級講座を2年前に受講する機会が与えられました。2級講座と1級講座を受講して、人との接し方の好ましくない状態と好ましい状態を理論で学びました。

2級講座で一番勉強になったことは、裏面交流という考え方です。
このことを学んだおかげで、職場の人が、なんで私にこういうことを言ったのかという真意がわかり、その人の言動に悩まなくなりました。
また、1級講座では、オプションという内容を学びました。
人とのやり取りの方向を自分の意志で変えることができる内容です。今までの特定の人との好ましくない状況を、オプションを使うと変えることができると習いました。

2級講座と1級講座を受講して、まさに目からうろこが落ちた気がしました。交流分析を学んで、今までとは違う意識の中にいることができ、幸いに思います。
今後も、講座で学んだことを復習して、交流分析の理論を自分の血や肉として、身に付けていきたいと思います。

2級と1級講座で教えていただいた先生方に感謝します。

--------------------------------------------------

学んだことを実践され、いろんな変化を感じていらっしゃること、素晴らしいですね。感想を寄せてくださり、ありがとうございました。

皆さまも、交流分析を学んで感じた変化や、実践していることなど、事務局宛に感想や報告をいただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com





スポンサーサイト



リモートで「ストロークひろば」終了のご報告(2020年9月6日開催)

9月も中旬に差し掛かろうとしています。
最近、夕暮れが早くなったなぁとつくづく感じます。そして、昨日あたりから急に、夕方の風が冷たい・・・今年のような残暑の厳しい年はなかったと感じていましたが、北海道はとうとう秋の気配です。

全国ではGo Toキャンペーンが始まっていますが、各地でも地元応援クーポンが発行されているかと思います。我が町も、8月から12月末まで使える35%プレミアム付きの商品券が発売されています。コロナ対策に気をつけながらも、どんどんお得に楽しく活用し、地元に元気を取り戻してほしいです。

さて、9月6日にリモートで「ストロークひろば」を開催しました。
早速参加された方から感想をいただきましたので、ご紹介します。

--------------------------------------------------

本日のストローク広場、とても楽しかったです。

お互いの近況報告にて、日常生活や職場で起きていることを交流分析の視点から話せると、自分の中でより理解が深まるなぁと改めて感じました。

特に、私は現在、大学でオンライン講座の運営に携わっているので、その講座のディスカッション(電子掲示板)で受講者同士の心理ゲームが起きたことについて、お話させていただきました。
講座を提供するスタッフとしては、受講者の皆さんが気持ちよく学べるよう、ファシリテーター的に介入する必要がありますが、顔が見えない文字だけのやりとりでヒートアップしてしまった場合の難しさや、場のルールの作り方の課題もあると感じています。
そういう時に、どういうストロークを出せるか、自分の人生態度としてOK/OKを保てるか、というのがとても重要だと感じました。
オンラインでの心理ゲームというのは、日本の交流分析の業界ではまだほとんど扱われていない分野だと思うので、新たに色々探求していきたいなぁと思います。

また、日常生活では最近、遠距離中のパートナーとよく「さぁとっちめてやるぞ」の心理ゲームになってしまっていたので、ここ数日はお互いに肯定的なストロークを交換できるよう対策しているという話もしました。
育ちや価値観が違う相手と折り合いをつけていく時は、「まずお互いの感じ方が違うことを認めた上で、わかろうとすること」が関係を続ける上で大事ということを皆さんの言葉から再確認しました。

他の皆さんのお話も色々お聞きしましたが、最終的に、どの問題も「無条件の肯定的ストロークが自分の中にどれだけあるかという点に尽きるよね」という結論になったのが、とても興味深く、また納得する心地でした。

現在は仙台在住のため、なかなか北海道まで行けませんが、こうしてオンラインで開催していただくと遠隔参加ができ、とてもありがたかったです。
久しぶりに皆さんのお顔を見ながらお話できて、すごく励みになったので、また参加したいと思います。
ぜひまたよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------

素敵な感想を、ありがとうございました。
日常の生活の中で交流分析を感じられること、客観的に自分や周りを見つめ修正できること、素晴らしいですね!

コロナで心身ともに窮屈になっている状態がまだまだ続きそうですので、だからこそ、無条件の肯定的ストロークをどんどん発信していきたいと、改めて思いました。

次回のストロークひろばは、11月15日(日)にZoomで行う予定です。
また改めてお知らせしますね。


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




リモートで「ストロークひろば」開催のお知らせ(2020年9月6日)

         終了しました

本当に、暑いですね~
8月下旬の北海道とは思えない、連日の猛暑!
一転して、明後日30日から3日ほど最高気温が20℃に届かない予報が出ています。気温の変化に体調を崩さぬよう、ご注意くださいね。

さて、当初、札幌市民ホールで予定していました「ストロークひろば」を、リモートに切り換えることにしました。
前回(7月23日)初めてリモートで実施しましたが、皆さんを身近に感じられ、とても良かったという感想を多くいただきました。自宅に居ながら仲間と繋がることができるのも、魅力です。

TA用語を使いながら、ざっくばらんにお話しをしませんか?
日本交流分析協会本部のTA Webエッセンス講座を受講された北海道エリア代表が、講座の内容を聞かせてくれますので、それも楽しみにしてくださいね。

皆さまの参加をお待ちしています。

──────────────────────────
◆リモートで「ストロークひろば」
──────────────────────────

○日時:令和2年9月6日(日)13:30~15:00

○内容:「TAでつながろう」~いろいろなお話をしましょう~

○定員:12名

○対象者:日本交流分析協会の会員

○参加費:無料

○申し込み先:北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com

○締め切り:令和2年9月3日(木)

※参加者には、こちらから改めて招待URLをお送りします。
 今回もZoomを使用します。


<入会を希望される方>
日本交流分析協会のホームページ内「入会のご案内」をご参照ください。
https://www.j-taa.org/admi.html

<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




インストラクター資格更新研修会(2020年8月16日開催)Zoom開催

北海道の爽やかな夏!というより、連日の真夏日に、ちょっとバテ気味です。換気と冷房、状況によりマスクを付け外しして、乗り切りましょう。

さて、東京都内の会場で行われる予定であったインストラクター資格更新研修会が、新型コロナウイルス感染拡大のため、ZoomでのWeb講座に変更になりました。
遠隔地からも参加しやすくなりましたので、どうぞご検討ください。

------------------------------------------

〇日時:令和2年8月16日(日)10:00~16:00

○講師:下平久美子教授、日本交流分析協会理事長

〇テーマ:目指すインストラクターに近づくために

〇内容:
・TAカレッジ開設と集客の知恵
・インストラクタースキルについて
・理想とするインストラクター像はどんな人
・どのようにすれば理想とするインストラクターになれるのか
・グループ内での意見交換

〇参加費:5,000円

〇締切:令和2年8月10日(月)12:00まで

※詳細・お申込みは、日本交流分析協会 関東支部のホームページをご覧ください。
https://www.ta-kanto.org/


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




リモートで「ストロークひろば」終了のご報告(2020年7月23日開催)

こんちには!
北海道エリアとして初めての試みである、Zoomを使ってのストロークひろばを開催しました。
関東支部の金沢支部長もご参加くださり、有意義で楽しい時間となりました。

早速、エリアのスタッフお二人から感想をいただきましたので、ご紹介します。
まずは、土井さんからの感想です。

----------------------------------------------------------------

参加者それぞれが、今(今まで)の自分の周りで起こっている出来事をお話しました。
やはり、コロナに対する不安から今までにない行動をする自分だったり、周りの方々だったり・・・
何が起こっているんだろう~
でも、少し冷静になると落ち着くんです。
まさに、自我状態Aが働くと、心のバランスがとれて周りや今の自分が見えて来るんですね!
環境による同調圧力は知らず知らずにあって、自我状態P・C優位になってしまう傾向があるのかもしれないですね。
そんなことを今の時期に確認でき、Aを働かせる意識の大切さを皆さんと共有できたことは、とても良かったです。

今回、初めてリモートでのストロークひろばを実施しましたが、「顔が見える」ことで、場の共有や安心感は十分感じられ、さらに交通機関を使わないことで、時間の負担も少なく、メリットは大きいと感じました。
みなさんも、都合があいましたら、ストロークひろばにご参加ください。

----------------------------------------------------------------

もう一人、草浦さんからの感想です。

----------------------------------------------------------------

今回のストロークひろばは、お互いの現状を伝えながら、コロナ禍での自分や家族や仕事上で感じたこと、変化したことや気付いたことなど、思いつくままに伝え合ったような感じでした。
人との繋がり方・・・
何かを見聞きした時にどんな風に思うか・・・
私は先日の新聞の記事の中にあった、「うちの職場からコロナ感染者を出してしまって」と言う一文から感じた恐怖を話しました。
それって「CP」?
こういう時こそ正しく「A」を使いたいものですね。
マスクが不足しているときの反応なんていう事も話しましたね。これも顕著に自我状態現れますね。自分の脚本てこういう時こそ顕著に表れるのかもしれませんね。

1時間半を過ぎて終了となりました。
お互いの体温や空気感はもちろん感じとることはできませんが、顔を見ることができて、声を聴くことができて、何気ない思いを外に出すことができて・・・
なにより「そうそう」と頷きがあったり、笑いあったり、スッキリと心が少し軽くなって終われたような気がします。
なんか、ほっこりした時間でした。

----------------------------------------------------------------

土井さん、草浦さん、素敵な感想をありがとうございました。

今後は様々な場面で、リモートでの研修や会議等ますます増えてくることと思います。
次回のストロークひろばは、9月6日(日)の予定です。どのような形になるかはまだ分かりませんが、改めてお知らせしますね!


<お問合せ先>
北海道エリアTA研究会事務局
hokkaido.area.ta.kenkyukai@gmail.com




最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来訪者数
リンク